StatFlexの特徴 簡単グラフ作成

簡単グラフ作成

kantan.png

ビジネスソフトには無い、全点表示を基本としたグラフ形式

打点サイズ自動調整、乱数振り分け、垂直振り分け、べき乗変換などの工夫により、データ数に応じた量感のあるグラフを描けます。

一変量図
※いずれの形式も、縦・横の表示向きの切り換え、群別表示位置、グラフ表示域、文字ラベルのサイズと位置、目盛間隔、全体としての線の太さ、などを調整できます。
■棒グラフ ■箱ひげ図 ■点列図(一次元散布図) ■度数分布図   ■個体別型折れ線図 ■帯グラフ ■度数棒グラフ ■度数配置図

多変量図
※個体別に経時的に測定された多変量情報を1つのグラフ上に重ねて表示する機能を提供します。個体分け機能とリンクして、全個体の経過図を、一気に作成できます。
■多変量経過図(標準化方式) ■多変量経過図(参照域揃え方式) ■多変量経過図(多軸 独立)

二変量図
■相関行列図

特殊な図形式
※以下の図は、色反転機能で暗い背景にあわせて描画しています。
■正規確率紙 ■感度・特異度曲線 ■ROC曲線 ■生存曲線

様々な発表形式に対応した自由度の高いグラフ調整機能

各種グラフ設定パネルで自動グラフの要素を自在に調整
色調反転や線の全体としての太さ調整など便利機能満載。

経時的に観察された多変量データの重ね合わせ描画機能

個体分け機能とリンクして、個体別に多変量経過図を自動作成できます。