StatFlexの特徴 自動グラフ機能

自動グラフ機能

データ

データのオーバービューを助ける全点表示方式

点の重なりを防ぐ左右振り分け打点、さらに最下位桁に乱数を付加する機能を使えば離散量も連続変量的に打点できます。2値型・段階型データは、度数(百分率)付きの色分け帯グラフで表示。群分け機能との組み合わせで、自在にビジュアル・クロス集計。 

ビジネスソフトでは得にくい、多数の統計図形式

参照域表示機能、等確率楕円・直線信頼区間表示機能、極端値の自動切断処理機能を備えた散布度表示機能、理論正規分布曲線の重ね合わせ表示機能、任意のべき乗変換に対応した正規確率紙、生存曲線、ROC曲線、感度・特異度曲線、等々。

座標軸は任意のべき乗変換指定に完全対応

他ソフトにそのまま貼り込み可能

群分け、個体分けにより3次元配置されたデータシートを、変数別・群別・個体別に、ワンタッチで視点を変えてグラフ化したり統計処理が行えます。

img_01_VarTypes.jpg